力点ー支点ー作用点

てこの原理は、一本の棒の支点の周囲でモーメントの力がつり合うことと説明できる。似たような不思議は、小学生の時に、滑車というのも勉強したと思う。

なにかに支えられることによって、不思議と力が出る、というような文学的表現に置換されても、それほど違和感がない。みこしを担ぐときに、腰を支えられると不思議と楽だ。

時間という軸の周囲で、モーメントがつり合うということもある。すぐに解決すれば楽ちんだけれど、実際何事にも時間はかかる。たいへん難解な事柄が時間をかけてゆっくりと理解されることもある。

作用点において何が生じるかというアウトカムとか結果だけに着目すると、なんとなく、てこの原理みたいな単純な法則や原理でものごとを捉えて最小の努力を行うなうということが、それなりにまことの道から遠い感覚を持って生きてきた。試験勉強で過去問の丸暗記とか模範解答のコピーを見ることがなんとなく不安だった。締め切りに間に合わない仕事でも納得が得られるように分別をわきまえたかった。

大学受験浪人を経験したからかもしれない。結果を出すことに対して慎重に思うのかもしれない。

就職して初めての上司はよく、もっとしっかり勉強しろと叱ってくださった。しっかり勉強するというのは、たとえば、心電図の波形を抗不整脈薬と連結させて即断即決するような行為とは対極の、なぜ心電図という波形描出が可能なのか、その波形の形成メカニズムはどのようなものか、心電図波形をとるための電極の位置の違いは波形に対してどのような意味があるのか、といったことをしっかり筋道を立てて自分の頭で考えることだという教えだった。

てこの原理で、棒の太さを変えてみるとか、支点が点ではなく面だったらどうかとか、支点に融通性があることの効果とか、いろんなことがあるだろう。さらに職業人として社会でいきることは、さまざまな複雑な関係性の中での重層的な判断の結果だ。しっかり勉強することは無数にあって、途方に暮れるときもある。

すこしだけ歩んでみる。てこはその時は動かないかもしれないが、てこを触っているうちに、すこしはてこを知ることになる、それだけでもいいかもしれない。
[PR]
# by khosok | 2017-11-16 11:39 | Comments(0)

台風の通過と過去のこと

自分や周りで起こる変化は、歴史の視点で未来から振り返ると、過去の一点の記録でしかない。

職場の机に出版社からの贈呈書が載っており、見ると過去の職場にいるときに分担執筆したものであった。出版社が私を探り当てて、現職にとどけていただいたようだ。過去の職場の役職名が、しっかり載っていた。これとは別に、最近、8年くらい前に分担執筆した書籍の第4訂を作るから、現職の役職を教えてくれというような質問を受けた。つまり、改訂版では、所属を今のものに変えるということのようだ。ここで、なぜか、過去が今に塗り替えられるような陰湿な違和感を感じた。

過去は過去として、そのままでとどめ置かれて受け入れられていくのもよい。「日本の路地を旅する(上原善広)」を読み返している。この人がなかなか含みがある感じがしていて、大学時代に、中上健次を読みふけって、私自身も放浪僧にでもなるべき身かと思い込んだことが懐かしい。過去は塗り替えられたらそれはそれで変化なのだけれど、例えば出生のことを隠すことには、それなりになんとなく陰湿な違和感の残る消滅でもある。

だから、所属を変えて違う職場に就いて、そこから過去の職場を見ることを拒んでもいけないし、隠してもいけないというような思いに至る。事実として、その職場に就いた初日の緊張と興奮のような気分を大切にとっておきたい。それぞれの職場が私という人格を暖かく包み、慰め時には叱り、成長をはぐくんだのだ。

私は頻繁に職場を変えている。それぞれの転職でそれぞれ精いっぱいなんとか未来と将来を考えて、できるだけのことをやろうとあくせくしているだけで、実に全体を統合してめざすべきビジョンには欠けている。自分の将来像は、蝉のなく森を歩く放浪僧に似て、ただ次の庵において、経でもよんで、経は蝉の声に溶け込んで、終に身はコケにでも変わるというようなものだ。

台風が来ている、これも、個々人の思い出の中では永遠ともいうべき深みを持った何かの到来であることもあるし、全く覚えてもいられない放浪僧の通過にすぎないかもしれない。
[PR]
# by khosok | 2017-10-22 10:35 | Comments(0)

星野博美さんの「みんな彗星をみていた」を読んでいる。天応遣欧少年使節、リュートという楽器を学ぶ現代の自分、関連する旅行記みたいなものなどが絡む独特の文体で、すごく面白い。

この作家、私がベルギー留学中、お土産に欲しいものはなにかと問われたら、読み終わった単行本と言っていたのだが、上司が持ってきてくれたものの一つが、「コンニャク屋漂流記(星野晴美)」だった。自分の先祖のルーツみたいなものを探っていく話だが、自分の現在の姿と過去に書かれた文献、自分自身の生きてきた過去と先祖が生きていた過去とが交錯して絶妙な味を出していた。今の自分の価値観を作っている自分の記憶は、実に重層で、自分だけの経験だけではなく、書物や親、親族から聞かされた過去としての既知識との合体となる。

医師として働く私も、自分の過去の経験だけがすべてということは当然ありえない。教科書で学んだこと、先輩や上司が教えてくれたこと、さらに先々代のおじいさん教授が学会で話していること、そんなことの総体が、いまの自分を形作っている。他の職種の人から教えられることも多かったし、私の場合、海外の人、行政という異業種の人からも、多くを学んできた。

だから私の頭の中は、結構ごちゃごちゃだ。おもちゃ箱に今まで遊んできたおもちゃがいっぱい残っていて、次遊ぶときにどれで遊ぶのかまよう子供のおもちゃ箱のようなものだといってもいいんだけど、違いはおもちゃ箱としての実態がないこと。おもちゃ箱の記憶という目に見えないものしか残っていない。確かに、その当時の写真とか、論文とか発表した実績みないなものとかは、文字・形としては残っているかもしれないが、体験というものは、形ではない。さらに、記憶は残念だが想起するごとに美化され変わってしまうのだ。

私は、死ぬまでおもちゃ箱をひっくり返しながら遊び続けるというようなことがどうやらあまり性に合っていない。気づけば、40歳だ。すこしおもちゃ箱を見つめて、きっとそこには、おばあさんの火鉢とかお父さんの腕時計とか、そういうものが入っているんだから、自分の生きざまにつながっている様々な事柄を、生きる原動力にして、そして、なぜ今も私たちがあゆみをつづけているのか、地に足をつけて地面を感じながら、生きるということをかみしめたい。

今日から、子供たちが親とは別の部屋で寝ることになった。私にも、そんな日があったのだろう。

新しい職場にやや緊張した面持ちで実際に気を引き締めて登場した日がある。きっと父にも、そして私のおじいさんにも、それぞれの特別な日があったのだろう。そんな特別な日の積み重ねが、生きるということだし、死ぬまでこれがつづくということだ。そもそも、いきるとはただそれだけのこと・・・
[PR]
# by khosok | 2017-09-30 04:29 | Comments(0)

救急蘇生総論

大学医学部の授業、救急蘇生総論を受け持つことになりました。大学の教員となったことを実感します。

講義の中で、学生にいくつかの質問をしようと思いますが、そのうちのいくつかは、こんなものです。
・心停止患者の救命率を上げる介入として、どのような方法が考えられるか。
・現場に居合わせた医療者が救助を行うことは、義務か、免責行為か。

医療は複雑です。どのような医療のシステム構築の結果として、現在の救急医療が成り立っているのか、大きな話はできませんが、考えるきっかけを作りたいと思います。

また、善意で行われる傷病者に対する現場での行きずりの医療介入・補助について、個別事例に言及する時間的余裕はありませんが、かいつまんで論点と考え方を整理したいです。

森岡了先生の「人工呼吸法」という書籍を、ひさしぶりに取り出しました。Silvester法とかIvy法とかを話したかったからです。この本は、ベルギーへ留学するときに、段ボールにつめて保管しておいた数少ない書籍の一つです。

私が医学生の時に、ACLSという言葉を学んだ時は、AHAガイドライン2000でした。多国籍の顔が表紙いっぱいに並んでいた赤表紙の書籍でした。研修医の時の上司は、ICLSというのに熱心でしたが、これも今は、救急医学会がサポートするものになっています。いろいろ変わりました。

教育法も進歩し、教材も美しくなりました。蘇生の練習のための人形も、システムが洗練されています。また、これから10年たてば、今とは違う発想のさまざまなスタンダードが取り入れられていることでしょう。すべては道半ば。いろんなことに取り組みながら、私自身の頭を整理して、やるべきことを探していきます。
[PR]
# by khosok | 2017-08-27 16:57 | Comments(0)

変化は失うこと知ること

大学の図書館で、「北緯10度線(イライザ・グリズウォルド、白須英子訳)」が目に留まり読み始めた。キリスト教徒とイスラームの断層というか地政学的にせめぎ合う場所が、ツエツエバエの生息場で、イスラームを阻止しているアフリカの北緯10度あたりにあるという。

結婚や出産により宗教が変化する、居住地の移動によっても、それが起こる場合がある。宗教はさして重要な精神的支柱の変化ではなく、単に友達付き合いや夫婦間の関係性の中に自然に入り込んだだけの場合もあるだろう。食生活の変化のように自然に宗教が変わることもある。

宗教だけではなく文化や習俗の変化は、その前の状態を忘れさせる、個人の中で前後の価値観で断絶が生じる。その変化が大きいほど価値観の断絶の衝撃は個人としては大きいが、いずれ忘れてしまって、前の状態は思い出にかわる。ここで、個人を相対的に俯瞰すれば、ミルフィーユかバウムクーヘンのように層状に個の価値観が重なりあい重層化して豊かで味わいのあるものに映るが、一方で個人としては、その最上層から地層をドリルで穴をあけて過去を振り返るような作業になるから決して豊かさを実感することはない。バウムクーヘンの茶色い層と黄色い層の断絶は明確で、地政学的なそして時間的な断絶を想起させる。この二層の間には、失望、断念、挫折、喪失という下層と、向上、努力、学習、慣れといった新規の環境への順応作業により形成される上層とを、明確に区分する何らかの革命的な変化があったのだ。

こうして我々は、差異について理解することになる。そして重要なことだが、差異を理解することで共通点を明確に知ることになる。旅をして、異なる環境に身を置いて、苦しみ、悩み、そして進み、そして今を生きている。変化により、多くのことを失ったと思う。個人としては上に積み重ねているというよりは、その都度失っている。しかし、ある時、ミルフィーユの上層から下層までを一口で食べるような過去の振り返りのような時間にひとり考えたり、各層の間にある断絶について理論立てて考えたりすることで、いずれにせよいま生きてるんだ、周りのひとたちに助けられてるんだ、人は語りあうんだ、みたいな共通点を、明確にそして強く知ることになるんだと思う。沢木耕太郎からインパラの朝から、いろんなことを学んできたし、実際家族でブリュッセルに暮らして感じ思ったこともある、変化は寂しさと悲しさを我々にもたらし、断絶は深層の芯を知るきっかけをちらつかせてくれる。

「正しい行為と間違った行為という発想を超えたところに広場がある。私はあなたにそこで会おう(ジェラルッディーン・ルーミー)」という句が北緯10度線の扉に引用されている。広場で会おう、一期一会を楽しもう・・・
[PR]
# by khosok | 2017-08-10 18:12 | Comments(0)

医師になって14年目なのだが、最長の勤務地は、京都の大学病院での5年だ。この時は、大学院生(週4日程)の4年を含むし、働く場としては、手術室で心臓麻酔などをしていた3年と集中治療室の2年に分けてもいいから、勤続としての最長は、卒後8~10年目の京都の北部での3年となる。

だから、私の30代での居住地の変更はひどくて、今8歳の息子は、人生で5回の引っ越しを経験した。

本心では引っ越しも働く場の変更もしたくない。ひとところでしっかりとした人間関係を築き、安定した生活を送りたい。そうでないと、安定した創造的でためになる仕事ができないと思っている。

さらに、勤務地が変わる人は働き方に問題があったり人間関係の構築がうまくなかったり、長く働けない理由があるだろうと推測するのは、うがった見方だと切り捨てられまい。

私の場合、それぞれの移動には、それなりの上司のすすめやお導きのようなものと、現状への不満や向上心、そして、上のような引っ越しや移動に対する抵抗感との間での葛藤があり、最後には「えいや」と決めることになっている。この一連の過程での家族の支えがとっても大きいのだが、移動の決断の部分は、やはり内面的な要素が強く影響すると言っていい。

個別にはなかなか書きづらい面もあるけれど、たとえば、留学については、大学院を卒業し、1年たったころ、ちょうど、二次出張といって、私の場合、京都の北部の病院へ出向となったが、私のキーとなる上司と上司であった数人がみな、その出向の後は留学した方がいいと言ったし、時期はのがすべきではないと言った。留学先は自分で探すようにと言われ、費用も原則的には自分で何とかするように、しかし、時期を逃すと腰が重くなり海外へは行けなくなるから、ぎりぎり最後の時期が近づいていた。一方で、臨床の現場でのやりがいとかさまざまな「今」が、とても重要であり、留学などに行きこの現場を去ることがあまり喜ばしいこととは本心では思われなかった。そんな中で、ややぶらぶらとした気持ちで留学先を探していたが、ベルギーの集中治療の著名人に、留学の可否について打診をするチャンスがうまれ、留学が許可されたので、そこからは、自動的な留学への作業が進んでいった。キーとなったのは、留学の可否を打診するチャンスが巡ってきたことで、このチャンスを与えてくださった数名の国内での先生方に、感謝してもしきれない。(私の場合、数十通の打診メールを送るような作業はしておらず、部署としてはたったの2か所だけだった。)

別の話で、熱に乗じて移動したいと進言し上司に止められたことも数度あるが、そこにも何らかの先輩方の示唆のようなものがあったのかもしれない。また、どうしてもお受けしたくないとか、本意ではないために移動しないという決断をしたこともあったかもしれない。

つまり、より良き選択とチャンスをくださった先輩先生方に恥じない生き方をする、それが重要と思わされる。自分の能力とか才能は限られているけれど、それでもできる部分でしっかりと仕事をする。それしかない。

なぜ、移動するのかの問いに答えることは、個別には可能だが総論としては不可能だ。ただ、移動を繰り返す中で、私が気づくに至ったことは、移動のきっかけになった人との関係を大事にするということかもしれない。移動するのは大変だからこそ、移動をさせようとしてくださる先輩先生方がいなければ、今の自分はない、そう思う。
[PR]
# by khosok | 2017-07-23 08:05 | Comments(0)

小さい時に祖母の家に行くと「銀色の極小さい粒」を食べさされた。「ひや~きおうがん」と宣伝されていたものか、なんなのか、今となっては、よくわからない。また、この銀の粒は何を目的に服用させられたものか、よくわからない。分からないから、きちんと知りたい。探求のこころが湧いてくるし、その探求のプロセスはとても楽しい。

私が大事にしていることは、歴史を学ぶことです。行政への出向が終了というタイミングで、いくつかの日本の医療に関する総説を購入して読んでいる。大変に、勉強になる。

「日本病院史」(福永肇)
「日本医療史」(新村拓)
「日本の医療と介護―歴史と構造、そして改革の方向性」(池上直己)
また、お遊び的だが、「病が語る日本史」(酒井シヅ)
また、「日本人の死生観を読む」(島薗進)

医療を、制度として、社会のシステムとしてその機能を果たさせようとする動機がどこにあったのか、その時々の担当者たちの思考パターンのようなものを知ることで、改革の可能性までは判然としないが、すくなくとも、道から外れないようにすることが涵養されるとおもう。

文明が高度化し、技術が進歩して、さまざまなことが可能となっている現代だからこそ、道を踏み外す機会は、過去に比べて格段に増加しているのだろうと思う。一部は先人の知恵により、禁止や規制をされているが、そうではないものもたくさんある。

特異な技術と権力を持ったものが道を踏み外さないこと、そのために、せいぜい歴史を勉強し、現代を相対化しながら、次のステップをふむ、それしかないのだと思っている。
[PR]
# by khosok | 2017-07-09 06:30 | Comments(0)

私の劣等感について

誰もがさまざまな屈託の渦中に生を営んでいるのだろう。私の場合、屈託の中央に未だ鎮座するものの一つが劣等感である。

屈託は本人の中にあるものだから、表面的には現れていないかもしれず、他者には隠されているかもしれない。強い屈託は例えば笑いとか別のものに置き換えられているひともいるという。

私の劣等感は、まず、成績が平均以下であったこと、受験での不合格、クラブ活動等での運動で勝てないことなどといった社会生活上の相対的な非優位性があり、育ちの中で家族からほめられることが少なかったこと、とりえとなるような何かを持たなかったことなどが付加され、さらにそのおおもとに他人から認められたいという願望のようなものが膨らんで、全体として劣等感として認識される感情体系を形成することになってきた。

問題は、そういう屈託があってどう生きるのかであって、大学受験浪人中は色川武大と山口瞳を読んで生き方を調整していった。やや無頼なところと善良な市民的なところが混在するのは、調整の結果である。すべては調整なのであって、心の中心にあるものは、それほど変えられそうもない。仏像の芯に何があるのか、人々はしらない。

「下田事件~最後の証言~」(柴田哲孝)を読んだ。人はどのように調整されたかによって、行う行動が決定的に変わってしまう。若くして比叡山に修行に出された人ならその中で生きていくしかないし、私のように医師として修練を積んできたのなら医師としてすべきことをするしかない。調整によって、われわれがすべきことも、自ずと決まってくるということでもあるから、私の劣等感などというものに拘泥することは無意味なことなのである。
[PR]
# by khosok | 2017-06-25 08:47 | Comments(0)

医学部卒業後、麻酔科医・集中治療医として勉強を続けてきた。しかし、当初麻酔科医になった時は、緩和ケアを中心に生きていきたいと思っていた。学生の時は柏木哲夫先生の本などを読んでいた。

一時は京都の大学病院で勤務し小児麻酔と小児集中治療に熱心に取り組む覚悟をしたが、その後の転勤の過程で地域の一般病院に赴任し、広い意味での麻酔科業(手術麻酔だけでなく、集中治療、栄養管理、ペイン、緩和、救急、医療安全の中で足りない部分を補う仕事)をすることとなって、緩和ケアチームに入れていただくなどして、終末期の鎮痛管理にも関わらせていただく中で、最期をどのように迎えるか、またそのプロセスの中でどのように人々が支えあい何ができるのか、といったことについて、答えはすぐには見つからないがプロセスとしてその過程の中で最善の知恵を出していくことが私に課されているというようなそんな緩やかなやりがいを感じていた。

しばらく、臨床から離れているが、週末に学会に参加して、島薗進先生の話がとても興味深かった。いろんな哀しみのような体験を通じて、人は、次の一歩を歩みだす。その時、寄り添う人がいるということのありがたさをみなひとは感じている。お節介ではなく、単に一緒に歩いているものの存在だけですくわれるというそういう形を、私たちはそれぞれの経験の中で知っている。

臨床宗教師というものを養成育成する取り組みがあることを知った。特に、日蓮系だろうか仏教系の流れを比較的色濃く持つものだろうか。京都では龍谷大学で養成課程があるようだ。
http://www.sal.tohoku.ac.jp/p-religion/sicj/shuisho.html

医師として残された勤労年数は20年程―健康に活動できればーであるが、やはり、医師としてはまず過去を学び新しい技術を学びそして公平に評価する、そして病を負ったひとがいればそのものに寄り添って、できる癒しの手を控えめに差し出してそれで病の本質を本人と共にすこしは解決していくことで、そのひともそして私自身も次の一歩が歩みだせたらよい、そんなことが最も私の価値観にあっている。

学び、そして次の一歩を歩みだすことだ、そして、気づいたら一生は終わる。
[PR]
# by khosok | 2017-05-29 08:52 | Comments(1)

人々の春に思いをはせて

この春は、また違った春だと実感している。

2015年の春は、Brusselsの郊外の森のそばのapartmentsに暮し、西洋マロニエの綿毛が舞っていた。街路樹の青葉が一斉に開き短い夏が始まる喜びを示すようだった。公園の小道からは、野ウサギが穴から顔を出し、幼い娘が喜んだ。

昨年の春は、新しい職場で半年がたってもなかなか地に足がつかず焦り、日々緊張の続くところにさらに大きな事態が重なり、そして新しい役職に代わるとの通達を受けたころには、もう夏になっていた。単身赴任の東京ではきわめて限られた場所にしか足を踏み入れず、生きているというよりも、仕事のために他の地に滞在しているような日々だった。

今年。考えれば、ここ3年、違うアパートで春を迎えている。いろいろなものが入れ替わった、わたしが誰か他の人に入れ替わること、それぞれのアパートにはそれぞれの住人が短期間、寝たりおきたりしているように、春にもいろんなひとのいろんな春がある。

20年ほど前になる、意識をなくし入院していた父の横で、因数分解の問題を解いていた私は、今晩は母親の代わり長く付き添おうといった。兄に諭されて帰ったら、すぐに呼ばれて、お通夜の準備が始まった。周りの人が、父が亡くなった日について、誕生日を越せたねとか砂をかむような慰めは不要だと思った。それから母は、息子の生きざまを20回の春という時を刻みながら、見つめ生きていることになる。

「草原の河(監督:ソンタルジャ)」を観た。チベットの草原に春がきて、河の水かさが増える。渡れた河が渡れなくなり、離れていたものが逆に離れられなくなることを河は知っている。春は、残酷に人生を前に進め、切り取り、そしてそれを繰り返す。
[PR]
# by khosok | 2017-04-29 16:50 | Comments(0)