<   2017年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ともに歩む、進路

千日回峰行者に毎朝軒先にお茶が差し出されるという。森の道の話、修行というイメージの中では、一人なんだけれど、たとえ修行であっても、多くの人に支えられてともに歩むというものだという。

俗世、在野に生きるものは、なおさら多くの他者との関係の中で、進路をとっていく。配偶者を持つものは、その同意のもとでないと進路は気持ちよく設定できないし、無理は後にたたる。

医師の留学、転職、転勤、それぞれの選択において、多くの人の助言とか綱引きとか、具体的な束縛とか、暗黙の雰囲気とか、いろんなものが影響をしているのだが、ひととおり情報を集約して、自分の大事にする物事を選び取るようなプロセスとともに、進路という具体的な選択をすることになる。そうして、いくら隠そうにも、選択結果は、彼が何を重んじたかをのちに示すことにもなってくる。

表面的に他人は世間話をして、あいつは出世欲が強いとか、金欲が勝るとか、上司に頭が上がらないとか、まあ、勝手なことを言い合っている。噂しあって楽しんでいる、うらやみみとか、さげすみとか、そういう面もあるかもしれない。ただ、選択の決断は、そんな単純なものではないと信じたい。さまざまな屈託の末に、進路の選択を自分では取れずに鬱屈している多くの社会人人日の人々の中で、意を決して舵切をしている人たちの心のうちまで、他人にわかるだろうか。

今の世の中、終身雇用みたいないものを信じられるほど安心できる状態とは感じていない。自分でそれなりの判断をして舵切をしていかないといけない要素が高まっていると思う。職の選択の可能性が、村や町から、国や世界に広がって、種類も多様となった。ひとりで判断するには、相当たいへんで複雑だ。それがゆえに、同行二人、ともに歩んでくれる人たちと、協力し合意し認め合い、そして、より良き方向へ舵をきって、生活をつづけるということになる。

人は一人で歩んではいない、ということを、再確認している。


[PR]
by khosok | 2017-02-25 11:32 | Comments(0)

進路

青い鳥ではないが、森を歩くということの怖さがある故に、木々の間の谷底から、人家の雰囲気がしてくるとなんだかほっとするものだ。

一度、森の道を知ると、次のときには、ずっと余裕が出て、不安な時間も短く、道程そのものを満喫できるようになる。しかし、初めての道では、楽しむ余裕がない。

医師の海外留学についても、同じなんだろうと思う。
医師の海外留学ってのは、強制力もないし、目標設定を自分でしなければいけない。医師として生きていく上では、海外に暮らし研究なら臨床経験を積むことには、それほどの短期的メリットはないし、長期的なメリットも明確ではない、キャリアアップにつながる保証はない。給与や社会保障の面で、海外留学の方が高給となる例は殆どない。

一方で、医師の海外留学の中には、上司(教授)の斡旋でかなり定型的な道程が約束されたものもある。共同研究を進めるために、役割や身分保障、成功した際の褒美などが事前に示されていることもある。

医師の海外留学だけでなく、企業でのキャリアアップを想像する際のキャリアモデルがしっかりしていない状態は、世の中にあふれているのだろう。開拓精神とかリスクを背負う度胸とかそういうものが試される局面というのが、あるのだろう。それを人々はどうコーピングしてきたのかと聞きかじることで、自分もそれなりに歩みを進めることになる。決して他人は地図をくれたりはしないが、ヒントはくれる。たとえば、「森の中で、木に赤いマーカーがなくなれば、道を間違っている」ということを教えてくれたりはする。

なんども、留学するわけじゃないから、一度しかない人生を楽しむしかない。進んでこそ進路。

[PR]
by khosok | 2017-02-20 08:33 | Comments(0)

氷の暗喩

ひとはみないろいろ考えてるけれど、周りに見えている部分ってのは、ほんの一部だ。まるで、氷山の一角のようなものだ。

思いを言葉にできる度合は、ひとそれぞれ異なっている。体で表現できるものも、多い人もいるし、思いとは全く逆な体表現をしてしまう人もいる。表情は、結構、正直だといわれるが、それを他人が読み取ってくれる度合に差がある。

他人は、きわめて気まぐれで、興味のある人は、海面を潜ってまで、氷の形を確かめようともする。しかし、興味のない対象には、氷山の一角をみてよけていくような態度となるし、そもそも、そういう海域に入らないと、氷山をみることさえない。

そして、氷はとける。人生とは、氷がそこに存在したあとを全く気付かせることなく周囲に溶け込むかのようになくなるような、人が死んだのちには無になるそんな危うい実態なのだ。氷山は、タイタニックを沈めたという忌まわしき記憶として、人々に記録されているだけであって、その実際の氷山の実体は、今頃とうに海水に置換されて、仮にそこに同じような氷山があったとしても、また異なる実体として再生したまでのことだと容易に納得できる。

バーでwhiskyによって驚異的な美しさでその表面だけを磨かれるようにして周囲と一体となりながらとろけてしまわないように、ちいさなグラスにきっちりと収まって、けっして割れたりグラスから転げ落ちることなくそこに存在する強い意志をもって、しかし一時琥珀色の液体をまといしまいに流しの中で水となる宿命を秘めた、丸く削られた氷が、われわれの人生なのだ。

「全身麻酔の魁ー高嶺徳明(松本順司)」をよんだ。華岡青洲より前のことを知らなかった。麻酔科医として、恥ずかしい。一杯のシングルモルトのように、一冊一冊の著作から、その深みのようなところに、近づきたい。その衝動的な行いも、しかし、氷が溶けてなくなることを、受け入れなければ、ただの苦悩になるけれど。

[PR]
by khosok | 2017-02-04 08:14 | Comments(0)